深紫外UV-LED を実装した豊富なバリエーションをご提案

特長


●深紫外による新たなアプリケーションニーズにお応えします
●深紫外線LED により、従来の光源では得られない波長の光源を作り出すことが可能です
●医療分野では器具の殺菌に加えて幅広い利用が期待されています
●環境分野では深紫外線の殺菌効果をいかし、消毒といった活用法が期待されています
●工業分野では特定の波長で硬化する樹脂に照射して、接着や塗装といった工程で用いられています

用途例 ( 期待されている用途)


●コーティング樹脂硬化、ダイシングテープの硬化
●環境汚染物質の分解( ダイオキシン、環境ホルモン)
●空気の浄化( エアコン、空気清浄器の除菌)
●生鮮食品の鮮度維持( 冷蔵庫、冷蔵輸送)
●高分解能光学顕微鏡、高精細3D スキャナ、プリンタ

深紫外とは

データ代表例

カスタム例

深紫外に関する注意

●深紫外は見た目では光が感じられなくても見えない強い紫外線が出ています
●視力低下や失明、皮膚がんの危険性がありますので、直視したり皮膚に照射したりしないでください
●点灯する際はUV 保護メガネを装着し、光が目にはいらないようにしてください
●紫外光照射前に周辺の方々には紫外線の危険性を周知徹底してください

ラインアップ一覧