UV照射システムの選定プロセス

1・導入目的

●電子部品・光学部品の接着・乾燥

乾燥後の体積変化が少なく、硬化時間が短いため、カメラや電子デバイス等の光学レンズ、部品の接着剤として幅広く使われています。UV-LEDの電子制御や安定性により電子制御や安定性により高精度・生産性を求められる製造プロセスでの重要性がさらに高まっております。






●印刷インキの乾燥

液状から個体へ瞬間的に硬化し、被膜が硬いのが特徴で、NonVOCであり環境負荷が低く、食品包装パッケージの印刷にも使われています。乾燥待ち時間が不要なため後工程(加工・組立)への移行がスムーズで、インクジェットプリンターの普及により木材・布・金など幅広い素材に利用されています。






●塗料・コーティング剤の乾燥・硬化

従来の塗装のような乾燥時間を必要としないため、スピーディーな仕上がりで、ウレタン、ポリエステルに比べ透明感、光沢が高い仕上がりになります。従来の塗装は溶剤などのアレルギーの原因となる物質が含まれていますが、UV塗装ではそれらを含まないため安全・安心な塗装方法として注目されています。






●蛍光発光・磁粉探傷

蛍光発光は紫外線のエネルギーによって物質に含まれる電子が励起された後に基底状態に戻る際に放出する光エネルギーを発光現象として観察されます。磁粉探傷はキズ部分から発生する漏洩磁束現象を利用し、キズ部に吸着した蛍光磁粉を観察することでキズを検出します。






●モールディング(成形)、光造形

UV 成形は液状の UV 硬化樹脂を型に流し込み、UV を照射することによって硬化させて成形を行なう技術で、UV 光が届く厚みのものであれば成形可能です。光造形は紫外線硬化型樹脂に紫外線を当てて硬化させ、積層して形を作る樹脂加工技術で、デザイン検証や形状確認などの用途に利用されます 。






2・照射条件の確認

導入の目的に合わせてご希望条件に沿ってシミュレーションや実績データを基に照射条件を算出いたします。ご希望に応じて標準品デモ機 類似製品でのサンプルテストを行い照射条件の確認を行います。

  • 波長[nm]
  • 被照射物形状
  • 照射距離 [mm]
  • 照射範囲 [mm2]
  • UV 強度 [mW/cm2]
  • 積算光量 [mJ/cm2]

3・照射器選定

シミュレーションやサンプルテスト、実績データを基に最適な形状、照射構造、冷却方式を決定し最適な UV 照射器をご提案します。

  • 照射構造
  • 冷却方式
  • 取付構造

4・装置仕様

お客様のご要望、装置仕様及びデモ・サンプルテストのデータを基に、装置仕様の打ち合わせをさせていただきます。仕様に合わせた製品仕様書・お見積書を作成、提案させていただきます 。

●生産方式

  • 単一製品ライン
  • 多品種少量生産ライン
  • セル生産方式

●装置仕様

  • パッチ式
  • コンベア式
  • シャトル式

●搬送速度

●設置制約条件

●メンテナンス性

●関連装置との取り合い

5・UV照射システムの決定