赤外線照明 IRシリーズ

IR-LEDを実装した豊富なバリエーションをご提案
赤外線照明 IRシリーズ

  • rohs2
  • custom_supported_allowed
  • emission_wavelength_infrared

特長

●可視光では検出できなかったものが赤外線を使うことにより検出できます
●マシンビジョン業界においても幅広く利用されております
●可視光では認識が難しい欠点を高いコントラストで画像化できます
●可視光域で化学反応を起こすワークにも有効です
●物質を透過して撮像できるため非破壊検査が可能です

赤外LEDによる光は波長域が狭いため、一般的なランプと比較して照射熱が極めて少なく、
熱によるダメージを受けやすいワークの撮像にも適しています。

一般的なランプ、赤外LED850nm、赤外LED940nmの代表波長例グラフ及び可視光と近赤外線の区分け

用途例

液体の透過による内部の異物検査、食品パックの中身の検査
表面の印刷をキャンセルしての外観検査
塗装面を透過しての非破壊検査
パッキングされた食品の異物検査のイメージ食品の異物検査

撮影例

●ゼリーの異物検査

可視光
可視光によるゼリーの撮像例
可視光ではゼリー内部を透過できない
赤外光(850nm)
IR照明(赤外光850nm)によるゼリーの撮像例
ゼリーを透過し、内部の異物を検出可能

赤外線とは

赤外線とは人間の目に見えない波長の光(電磁波)のことで、一般的に約780nm以上の可視光の赤より波長が長く、マイクロ波より短い範囲の波長域をさします。波長域の分類として近赤外(780nm~3マイクロメートル)、中赤外(3マイクロメートル~15マイクロメートル)、遠赤外(15マイクロメートル~1mm)に分けられます。それぞれの用途として近赤外はマシンビジョン、中赤外は化学物質の同定、遠赤外はクッキングヒーターなどに用いられます。

カスタム例

クリーンルームへの設置のため水冷化
大型ガラス基板検査対応のため長尺化

大型ガラス基板検査イメージ
大型ガラス基板の異物検査

赤外線撮影に関する注意

●一般的に可視光線用のカメラには、センサー部に赤外線カットフィルターが付いております
●赤外線撮影を行う場合には、赤外専用のカメラをお使いになるか、カメラの赤外線カットフィルターを外してお使いください
●赤外線領域光のみで撮像される場合は、赤外バンドパスフィルターをご使用ください

赤外線カメラ

赤外線カメラ

赤外バンドパスフィルター

赤外バンドパスフィルター

バンドパスフィルター分光特性

バンドパスフィルター分光特性

※掲載しているデータは参考例です 製品の品質を保証するものではありません